ハテナバコ×エコプライ=ハテナリティ!


by hatenabaco

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

被災地支援PJT報告 相馬市『はらがま朝市』で被災地支援イベント ワークショップ編!

皆様にご支援頂いた被災地の子供たちとワークショップが、
7/31(日)福島県相馬市の『相馬はらがま朝市』で開催されました。

イベント終了してから、本業のリフォームの仕事を進めなければならず、
報告が遅れてしまいました。お詫びいたします。
何分にも、少ない人数で仕事をしていますもので、ご了承下さいませ。

さて。前回の続きで、ecoキーホルダーワークショップのご報告をさせて頂きます。

b0076951_21245063.jpg
国道115号線の山道を越えて、9:40頃、スポーツアリーナそうまに到着。
福島駅で、小降りだった雨も、着いた頃にはあがっていました。

b0076951_11542643.jpg10時からの開始にあわせて到着しましたが、すでに、たくさんの人だかり!!

はらがま朝市のパンフレット配布の効果もあったんだと思います。

後で確認をしたら、早い時は、朝8時とか9時に並んで始まるのを待つ方もいるとのこと。

急げ!搬入!セッティング~!

先に到着している、敷田議員班の方たちと早々に挨拶を済ませて、準備へ!
混雑してる人の中からまごころエイドの田山先生とようやく挨拶をしました。
そして、現場の状況で、ステージ順番も変更があり、急きょ、創作太鼓から始まることになりました。
b0076951_11593589.jpg
      《創作太鼓》・・・・・・・・・和楽会「昇」代表 田中昇さん含む15人。
      ステージはものすごい盛り上がりで、アンコールが出たほどでした。
      太鼓の音は、日本人の魂を揺さぶるものですね!
      色々と、臨機応変にご対応いただき、感謝しています。

b0076951_11595967.jpg
そして、私たちのワークショップのセッティングも無事完了!

家具は、私たち㈱ハテナバコの企画デザイン製作のエコ家具 hatenality!(ハテナリティ!)
くみたて式テーブルとスツール。

これらは全て、くみたて式なので、板の状態で持ってきて、組み立てました。 ⇒くみたて画像


そして今回このワークショップで使った後に、一部を寄贈をします。


創作太鼓が終わってから、ステージでアナウンスを入れてもらって、いよいよワークショップの開始となります。
b0076951_1215922.jpg
      徐々に人が集まりだしました!子供だけでなく、大人の方たちも
      興味津々!ecoキーホルダー作り体験ができますのでどうぞ!
b0076951_1203363.jpg
      いよいよ、ecoキーホルダーのワークショップ開始!!
      まずは、ecoキーホルダーの材料であるエコプライの出来るまで!

      皆さんの飲んだ飲料水のペットボトルキャップは集められ、売却金
      は、世界に送るワクチンとなるエコキャップ運動。その回収したキャ
      ップは粉砕され、繊維状になって、廃木材のチップと一緒に熱圧縮
      され、エコプライになります!
      この板は、使わなくなったら、また工場に戻せば粉砕され、また繊維
      状のキャップと一緒に再生ボードに。永遠にリサイクル可能です。
b0076951_1205792.jpg
      みんなが座っている くみたて式テーブルとスツールも同素材の
      エコプライで作られています。板の表面にカラフルなキャップの色
      が出ているので見てみてください!
      3種類のカタチから選んで、キーホルダーを形に沿って、金やすり
      で、板の切り口を削っていきます。
b0076951_1211944.jpg
      カタチが整ったら、紙やすりをかけて、絵の具がのりやすいように
      切り口をツルツルに仕上げます。さていよいよ絵の具塗り!
      4色の中から、好きな色を選んで、切り口塗っていきます。
      何色もストライプに塗ったりする子達もいるんですよ!
b0076951_1213644.jpg
      切り口からはみ出しても大丈夫!少し乾いてからウエットティッ
      シュで、ふき取ります。子供たちの顔は、真剣そのもの!
b0076951_1242543.jpg
      切り口を、絵の具で塗ったら、板に置いて乾かします。
      乾き待ちの時間は、アンケートをお願いしています。
      どんなカタチで、なに色が人気があるのか、また、今度カタチ
      を作ってみたいか、次回のワークショップに役立てます。
      写真は、今回最年少スタッフの怜くんが、目の見えないお婆
      ちゃんに、アンケート内容を説明しているところ。
b0076951_1221767.jpg
      もう一つ、乾き待ち時間に、司会台の脇にある「エコプライの木」に、
      「今のぞむこと」を、メッセージカードに書いてもらいました。

b0076951_19124482.jpg
絵の具が乾いたら、革ヒモを通して、ビーズ玉で留めて、革ヒモの先を、玉結びで
しばって出来上がり!
右の写真のおじいちゃんは、絵の具を塗らず、「このままがいい!」と言って、すぐに手持ちのバックに付けてくれました、とてもうれしそうな笑顔が印象的でした!
左は、他の体験教室から駆けつけてくれた男の子。お母さんと一緒にきて、エコプライのことを熱心に聞いてくれて、夏休みの自由研究にすると言ってくれました!ありがとう!
今回は子供たちだけでなく、希望者どなたにも参加して頂きました。
子供からお年寄りまで、童心にかえって皆さんに参加して頂いて、キーホルダーづくりに真剣に取り組む姿に、この時間だけでも、色々と忘れて、楽しんで頂けたように思います。
@hatenabaco ツイッターを見てきてくれる方もいて驚きました!

b0076951_125096.jpg
      さて。私たちのワークショップと同時に、ステージでの開催は。  
      《健康体操》・・・・・・・・・つづき体操クラブ代表 上野千恵さん
b0076951_125202.jpg
      《童謡・懐メロなど、歌の披露》・・・歌の宅配便 広井顕真さん
b0076951_1253811.jpg
      そして、子供たちのために用意してくれた 投げ縄ゲーム。 
b0076951_126460.jpg
      敷田議員を支援する方からのご好意で、振るまわれたスイカ。 
b0076951_1262839.jpg
      そして当日仮設住宅の方で、歌を披露してほしいと、朝市クラブ
      の方から要望で、急きょ、歌の宅配便の広井顕真さんに行って
      頂くことになりました。
      相馬市では現在、避難所が全部閉鎖され、仮設住宅に移って
      おり、不便なところに建てられているようです。住民の方々が、
      狭いのよ。すごく暑いの。と言ってたのを思い出します。
b0076951_1264957.jpg
      敷田議員と、歌の広井顕真さん。ご対応ありがとうございました。
b0076951_1271271.jpg
      その頃、私たちは、スポーツアリーナそうまでワークショップを
      終えて、撤収作業に入っていました。写真は、私どもから寄贈
      した、くみたて式のエコ家具(テーブル&スツール)と、車に
      満載にしてきた支援物資たち。今回ご協力頂いた みなさま
      心から、ありがとうございました。
b0076951_1273858.jpg
      大きなトラックにのせて、次週の大きなイベントで配布します。
      とのことで、とても感謝して頂きました。
      
      そして、写真にはありませんが、撤収作業を終えて最後に
      運営の石井副代表から、集合がかかり、みな集められました。

      はらがま朝市クラブ運営の方々、私たちワークショップチーム、
      この他にも今回のイベント出演者のダンスチームの女の子達、
      当日雨だったことから、瓦礫撤去からまわってきたボランティア
      チーム、グループごとに挨拶をしました。
      
      中でも、先日取り上げました リアカー行商隊(仮設住宅を回っ
      て、声かけして野菜などを販売する漁協の奥様たち)の挨拶は、
      は、笑顔で涙ぐんで感謝をのべていて、心が打たれました。
      みんなちゃきちゃき元気に働いていて、一見分かりませんが、
      被災された方で。家や家族をなくしてる方たちで、運営されて
      いるのが、はらがま朝市クラブです。。すごい人たちです。
      
      お世話になりましたとお礼のメールを入れましたところ、下記の
      返信を頂きました。ご丁寧にありがとうございます。
      許可を頂きましたので、紹介させて頂きます。

【はらがま朝市クラブの石井副代表からのメール】 ⇒HP

ご丁寧なメールを頂き、御礼申し上げます。

お見えいただいた前週(第11回)は、多少マンネリ感が漂い集客力も落ちていて、私は朝市の運営に危機感を持っておりました。
支援物資の支給が終了すると、閑散とした会場となり、その状況を幹部が分析する会話も躊躇するほどでした。
地元幹部にも「疲労感」漂っており、起死回生の企画をと切望し奔走していた状況でした。

しかし、お見えいただいた第12回は、見事に朝市が生まれ変わりました。
運営幹部はもとより、すべての参加者に笑顔が溢れ、本来の朝市の姿を回復することができたのです。
改めて、心より皆様のご支援に感謝申し上げます。

翌第13回は、ミネハハさんに来ていただき、仮設訪問3箇所、夜市・朝市と合計5回のコンサートを開催頂き、戴いた第12回のエネルギーを、さらに継続、発展することができました。

朝市クラブの運営内容は、現在多岐にわたっています。
何より朝市の開催、リヤカー行商海援隊、自販機オペレーション業務があります。
今週は、相馬市の依頼により仮設全戸に無償支援物資の配布を海援隊以外のメンバーで、トラック3台分の物資を配布いたしました。
かなりの重労働でした。
さらに最大の課題は、運営幹部が本来の「仕事」を回復することがあり、来週16日から、海外出張の必要があるほどです。

私は、朝市の開催実績がすべての原動力になったことは間違いないと思います。
しかし現状は、「実益を伴わない朝市」が地元幹部の重圧になっている状況も見逃しておりません。
このまま地元幹部主導の「朝市運営」は、限界が来るでしょう。

私が今頑張っていますことは、県外パワーによる朝市の運営です。
朝市の本来目的は、被災者の皆様への「笑顔の場」提供です。少なくても、土・日には楽しみがあるということは、確実に大きな活力となっているので す。
これを、被災者が運営すること自体、無理があることは明らかです。
資金もマンパワーも物資もなく、思いが空回りしていくことは、11回開催までに実感いたしております。
元気な県外パワーが、地元パワーと連携し運営することが、本来の姿であると思います。

県外のパワーで朝市を継続することにお力をいただけませんでしょうか。
地元で必要なことは、全部こちらで手を打てます。
東京の団体がこの趣旨をご理解頂き、ご協力を頂いておりますが、一団体ではまだ難しい状況です。
全国で今までにないこの形を実現する為に、何とかお願い申し上げる次第です。

戴きました「エコ家具」は、先週会場の中心で見事な存在感を示して活躍してくれました。
組み立て方はなんだかんだと問題なく解決しました。
またキーホルダーも海援隊に届けさせていただきました。
寄せ書きは、高校夏休み終了時に持参したいと思っております。
御礼申し上げます。
ご報告が遅れましたことお許しくださいませ。

はらがま朝市クラブ 石井弘二
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これからも、支援協力させてください。とメールを入れて、
現在も、やりとりを続けています。
現地では、食料や物資が足りないらしく、必要なものの詳細を聞いていますので
またみなさまに、引き続きの支援協力をお願いいたします。

この度、ご支援頂いた皆様に、心からお礼を申し上げます。
ご報告が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。


株式会社ハテナバコ
代表 久保田紀子


hatenabaco.com

エコプライをつかったくみたて家具・エコスツール・エコキーホルダーetc..
オリジナルブランド「hatenality!(ハテナリティ!)」の問い合わせ先
hatena@hatenabaco.comまで
[PR]
by hatenabaco | 2011-08-16 09:11 | 2011被災地支援プロジェクト

カテゴリ

全体
news : おしらせ
2012被災地支援プロジェクト
2011被災地支援プロジェクト
renovation : オフィス移転
reform : 癒しのやかた
reform : T邸リフォーム
reform : S邸リフォーム
reform:I邸リフォーム
reform : M邸リフォーム
shop : ショップデザ
friends : マブダチ
favorite : おきにいり
recoment : おすすめ
interior : インテリア
coordinate : コーディネイト
dogs : ワンコたち
reform:W邸リフォーム
hatenality!カタログ
未分類

ブログパーツ

外部リンク

以前の記事

2013年 07月
2012年 12月
2012年 11月
more...

フォロー中のブログ

トウシンカナガタウェブログ
癒しのやかた

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧